ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

結婚式 お呼ばれドレスのNGは?小物は?髪型はどうしてる?

   

結婚式にお呼ばれしたけど何着ていこう?
どんなものがNGだっけ?

スポンサードリンク

結婚式のお呼ばれマナーてけっこうあいまいだったりしませんか?
今回は一緒に結婚式にお呼ばれしたときの注意点を見て行きましょう。

結婚式 お呼ばれドレスのNGは?

結婚式にお呼ばれした時の基本服装は、準礼装、略礼装です。
正礼装は最も書くが高いスタイルで、結婚式では招待する側の新郎新婦とその家族が装うスタイルです。

準礼装とは正礼装に準ずるスタイルのことで「セミフォーマルドレス」「カクテルドレス」と呼ばれるものです。

略礼装とは形式ばらないスタイルのことで「スーツ」や「ロングドレス」のことを言います。

それでは服装のマナーを見ていきましょう。

色編

白系ドレスはNG
結婚式に白のドレスをきるのは花嫁だけです。
また、淡いベージュ系や淡いピンク系の色は写真を撮るときのフラッシュによっては白っぽく写るときがあります。
あとから写真を見て「白のドレス?」と思われるリスクがあるので、さけたほうが無難ですね。
また、披露宴では座ったままで過ごすので上半身だけ見たときに白っぽくないかも確認しておきましょうね。

全身黒色
黒いドレス自体はNGではありません。
黒のドレスは着まわしがききますし、小物や靴などで華やかにアレンジすることも可能です。
でも、全身黒色は華やかな場である結婚式や披露宴ではさけましょう。
できれば明るい色合いのドレスで結婚式に華やかさをプラスしましょう。

花嫁のお色直しと同じ色のドレス
これはマナーとは違いますが、結婚式にお呼ばれする人の中には花嫁のドレスと同じ色にならないようにと気遣う人もいるようです。
そのような場合は事前に花嫁のドレスの色を教えてもらっておくといいですね。

ドレスの形編

ミニ丈のドレス、肩が出るタイプのドレス
丈の極端に短いドレスは避けたほうがいいでしょう。
結婚式ではお辞儀する場面も多く、丈の短いドレスでお辞儀をするとうしろから見た時、目のやり場に困ることも。
意外と座ったときにスカートがあがってしまって太ももが思いっきり出てしまうこともあるのでドレスを購入する場合は試着して立ち姿以外にもチェックしてみましょう。
また、肩の出るタイプのドレスは夜の時間帯の披露宴であればいいですが、昼間の披露宴では避けましょう。挙式の場合は昼夜どちらも羽織ものをしましょう。
それと体のラインがはっきり出てしまうようなタイトなドレスもNGですね。

素材編

昼間に着るドレスは光沢感や透け感が少ないものがいいでしょう。これらは夜のドレス向きです。
シフォン、オーガンジー、シャンタン、レース素材などがいいでしょう。

毛皮・革
おめでたい場である結婚式では「殺生」をイメージさせる毛皮や革は避けましょうね。
また、本物でもフェイクでもファーは食事の際、毛が飛んでしまうことも。気遣いの面から考えても避けたほうが無難かもしれませんね。

スポンサードリンク

結婚式 お呼ばれ小物のマナーは?

アクセサリー編

昼はパール系のもの、夜はダイヤ系ののものが正式なドレスコードです。
あまりきらきらしすぎないものをチョイスするのがいいですね。
ヘアアクセサリーは生花を使ったもの、ティアラを思わせるようなものは花嫁の特権ですので避けましょう。

靴編

ヒールのあるパンプスが結婚式にはふさわしいです。つま先とかかとがが隠れるタイプが正式なフォーマルです。
妊娠中でない限り、ヒールがあるものをチョイスしましょう。ヒールのないタイプの靴はカジュアルな印象になってしまいます。
また、生足は避けて必ずストッキングをはきましょう。その際、黒色やタイツはさけましょうね。フォーマルな場なので肌色のストッキングが無難です。ワンポイントが入ったものやラメの入ったのものでおしゃれを楽しみましょう。
忘れてしまいがちですが、伝染したときのために予備のストッキングは必ず用意しておきましょう。

バック編

バッグはコンパクトなものを選びましょう。大きすぎるものはNG。
持ち込むものは貴重品と最小限のものにしましょう。
色はベージュなどを基調としたものがあわせやすいですね。華やかさをプラスしたいときはゴールドやシルバーも◎
ドレスと同じく殺生をイメージさせる革製品は避けましょう。布やエナメルがおススメです。
また、サブバックとして紙袋を使うのはマナー違反になりますので注意して。パーティバックと同様、動物の殺生をイメージさせる素材は避け、フォーマルな場でも使えるものを用意しましょう。

結婚式 お呼ばれ 髪型どうしてる?

お花のコサージュは避けましょう。花のコサージュは花嫁がつける定番の髪飾りです。
きらきらしすぎるものはさけて、ゴージャスになり過ぎないようにしましょうね。
髪飾りは適度にきちんと感が出るようなものを使い、あまりカジュアルな雰囲気のものは使わないのが無難です。
シュシュやクリップは手軽に取り入れられますがカジュアル感が強くフォーマルな場の結婚式には合いません。
ダウンスタイルもNGではありませんが、注意しましょう。アップスタイルに比べるときちんと感が出しにくいこともあります。
披露宴での食事の際、ロングヘアーのダウンスタイルでは食べにくい場合もあります。
アップスタイルが慣れていない場合や自分でセットする自信がないときは美容院を利用したほうが無難です。プロにまかせましょう。
美容院でのセットは多少の出費はありますが、リスクの軽減のためにはいいのでは?希望の髪型がある場合は写真を持って行って説明したほうが明確に伝わっていいですね。
探すとけっこうリーズナブルな価格でセットしてくれる美容院もありますよ。

まとめ

いろいろとむずかしい決まりがあるように感じてしまうかもしれませんが、一番大切なのはお祝いする気持ちですよね。
また、最近はカジュアルな結婚式もあるので新郎新婦にどんな式なのか確認しておくのもいいですね。
最低限の注意点は心に留めておいて、華やかに結婚式を盛り上げてお祝いしましょう!

スポンサードリンク

 - イベント

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事