ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

大掃除で窓拭きを簡単にする方法 道具のおすすめと外側はどうする?

   

大掃除、やってますか~

普段なかなか手の回らないところもこの際思い切ってやってしまおう!という我が家で後回しになりがちなのが窓拭きです。
汚れている窓を見るたびにどうにかしないと!と思いながら・・・
でもやってみると意外と簡単!
これなら日々のお掃除にも取り入れられそう。

ということで今回は大掃除の窓拭きについてまとめてみました。

スポンサードリンク

大掃除で窓拭きを簡単にするには?

窓拭きってやってみると意外と簡単にできて、と~っても気持ちがいいものでした。
なんだか子どものころ学校でやった大掃除の記憶で窓は何度拭いてもきれいにならないってのがあったのですが、あれはやり方がいけなかったのかも。

我が家での窓掃除は簡単シンプル
うすい石けん水を霧吹きで窓に吹き付けます。
外側は特に水がたれてくるくらいたっぷり吹き付けます。
そして、乾いたぼろ布である程度ふき取ります。
我が家では布でふき取ってますが、スクイジーがあれば使うと良いですね。
仕上げにマイクロファイバークロスでごしごし。
マイクロファイバーだとホコリが窓についたりすることも無くきれいに仕上がります。

ベランダにある窓は洗濯を干すついでにできちゃいますよ^^

窓拭き道具のおすすめは?

我が家で使っている窓拭きの道具は

・ぼろ布(雑巾でも)
・水またはうすい石けん水を入れた霧吹き
・マイクロファイバークロス

これだけです。
窓拭きの定番の新聞紙は使っていません。
理由は我が家は新聞をとっていないからです。
あれば使うかもしれないですが、上の道具でじゅうぶんきれいになるので特に必要性を感じないですね。

コツは窓を水でごしごしと汚れを取った後、乾かないうちにすばやく水をふき取るということです。
なのでスクイジーがあれば尚可って感じでしょうか。
うちにはぼろ布がけっこうたくさんあるので、ぬれたらすぐ次!という風にじゃんじゃん使って窓を拭いています。

スポンサードリンク

マイクロファイバークロスは雑巾で拭くのとは違ってほこりが窓についたりしないのでほんとにきれいになります。
雑巾で窓を拭くとけっこうほこりがついていらいらしがちだったので、これですっきりきれいにできて重宝しています。おすすめですよ。

窓拭きで外側をきれいにする時につかえる道具は?

構造上、部屋の外側から窓を拭きにくい場所ってありますよね。
高い場所、マンションなどでベランダの無い場所の窓などですかね。

場合によっては何とかなる時も。

たとえばフロアワイパーを使うこともできます。
フロアワイパーにスポンジをゴムで取り付けて洗剤を軽くつけて窓を拭く、その後洗剤のついていないスポンジできれいにふき取るという要領です。
高い場所ならこれで何とかなります。

ベランダの無い場所の窓もこれで何とかなる場合もありますよ。
ただ階数が高い場合は乗り出したりすると危ないですし、誤って落としてしまうことも考えられるので無理は禁物です。
できる範囲にしておきましょう。

さいごに

窓拭きは意外と簡単にできて最初はちょっと感動すらしました。
これなら大掃除の時とは言わず日々の掃除でも取り入れられるな~って感想です。
窓の多い家では大変ですが、今日はここだけ、とか、外側だけ、明日は内側などと場所を決めてやれば意外とできますよ。
一度にたくさんやろうと思うと大変ですからね。

よし!これで窓拭きをがんばりましょう♪

読んでいただいてありがとうございます。

こちらの記事もどうぞ
大掃除のコツは?どこからいつから始める?効率のいいテクを紹介

大掃除!網戸を簡単にきれいにする方法 洗剤は必要?内側からは?

スポンサードリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事