ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

冷凍ごはんの日持ちとコツ おいしく解凍するには?これで時短OK!

   

みなさんはごはんて毎回炊いていますか?

ごはんはたくさん炊いたほうがおいしいって聞きますし、小分けにして冷凍しておけば時短料理にも便利ですよね。

でもたまに、冷凍庫の奥で忘れ去られたようなごはんをみつけること、無いですか?

これって・・・まだ食べれるんだろうか・・・

ということで、今回は冷凍ごはんについてです。

スポンサードリンク

冷凍ごはんの日持ちは?

冷凍ごはんの日持ちはだいたい長くて1ヶ月炊き立てのようなおいしさで食べるには2週間程度で食べるのが良いですよ。

もちろんそれ以上長く保存したものも食べることは可能ですが、味が落ちてしまうし、冷凍焼けなどもありますから、なるべく早めに食べてしまいましょうね。
冷凍する時には冷凍した日にちがわかるようにメモをしておくようにしましょうね。
そうしないと、いつのごはんかわかんなくなってしまいますよ~

もし、1ヶ月以上たったごはんを冷凍庫から発見した場合は、そのまま食べるとあまりおいしくないので、雑炊やチャーハンなどにして食べると、おいしくいただけますよ。

冷凍ご飯にするときのコツは?

さて、冷凍ごはんをおいしく食べるにはおいしく冷凍するコツがあるんです。

まず、ごはんは炊き立てをすぐに冷凍準備しましょう。
炊き立てをラップでくるむか、ごはん専用の冷凍保存容器に入れてすぐに蓋をします。
ラップの場合は2重にしておくほうがいいですよ。
また、ラップに包む時には形を整えてぎゅっぎゅっとしてしまうのはNG
しゃもじで軽く平に置くようにしたらそのままの形でふんわりとくるんで冷凍するのがポイントです。

荒熱が取れたら冷凍庫へ。

おいしい冷凍ごはんにするためには必ず炊き立てのごはんを冷凍しましょうね。
炊けてから時間のたったごはんを冷凍してもおいしくないですから。
せっかくたべるのなら、おいしいご飯がいいですよね。

スポンサードリンク

個人的にはラップよりもご飯用の保存容器に入れて冷凍解凍がすきですね。
理由は
・ごみが出ない
・冷凍庫の中が整理しやすい
ということです。

ラップはもちろん使い捨てなので毎回捨てますよね、もちろん。
保存容器は繰り返し使えますし、1回の保存ご飯の量を量らてもある程度見当がつくのが良いですね。
それに冷凍庫の中でかさばるのですが、同じ形の保存容器で統一すれば生理整頓がしやすいですよ。

冷凍ごはんをおいしく解凍するには?

おいしく例とごはんを食べるには解凍も重要ですよ。

手軽においしく解凍するには電子レンジが一番です。
ポイント
・レンジに長くかけないこと!
量にもよりますが2分前後が適当だと思います。
もし、解凍できているか心配な時は、長い時間レンジにかけるのではなく、少しずつ様子を見ながら何回かに分けてかけてみましょう。

・ラップははずしてお茶碗に入れて、ラップをしないで解凍・あたためをする! 
ラップをしたままだと水分がお米に戻ってしまって、べちゃべちゃになってしまうからです。

・保存容器に冷凍してある場合は、解凍する時にごはんにお水をかけて余分なお水をきっちりと切り、蓋を軽く乗せてレンジでチン!
こうすることによって、おいしくいただけます。
余分な水は必ずきるようにします。そうしないとべちゃべちゃになってしまいます。

ポイントを押さえればふっくら炊き立てのよなごはんを食べることができますよ。

さいごに

忙しい平日には例とごはんが大活躍しますよね。
ちょっとご飯足りなかったなって時や、お弁当にも利用できるので、いくつか冷凍ごはんのストックがあると安心です。
コツさえ押さえれば冷凍ごはんもおいしくいただけますので、試してみてくださいね。

読んでいただいてありがとうございます。

スポンサードリンク

 - 生活, 食べ物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事