ふむふむ日記

暮らしの知恵やお役立ち情報を発信中

喪中はがきに出産報告はありなし?出す時期はどうすればいい?

   

こんにちは

年末がだんだんと近づいてくると年賀はがきの準備をしないといけませんよね。
出産された方は年賀はがきで出産の報告もする方が多いのではないかと思いますが、喪中と重なった場合どのように出せばいいのでしょうか?

喪中はがきに出産報告は書くことができるのでしょうか・・・

今回は喪中はがきと出産報告についてまとめてみました。

スポンサードリンク

喪中はがきで出産報告はありなし?

まず最初に、喪中はがきに出産報告はNGです。
喪中はがきはあくまで喪中につき年賀のあいさつはできませんというお知らせなので、そこに出産報告をするのは無しです。

ただ、だからといって出産報告をいしてはいけないということではありません。
喪中と出産報告は無関係なので喪中でも出産報告のはがきは出すことができます。

必要な場合は喪中はがきとは喪中はがきと別に出産報告のはがきを送れば大丈夫です
喪中ですので、出産報告のはがきは必要最低限にしておいて、ほかの方には来年の年賀状でお伝えするという形でも良いかもしれませんね。

喪中はがきを出す時期と出産報告の時期はどうすればいい?

喪中はがきを出す時期は基本的には11月下旬から12月上旬ごろが良いとされています。
あまり早く送っても年賀状を送る側が喪中はがきが届いたことを忘れてしまう可能性もあるので、11月下旬頃から12月上旬頃届くように出すのが良いですよ。

スポンサードリンク

では出産報告のはがきはいつ出すのが良いのでしょう。
時期としては年が明けて、寒中見舞いとして出すのもアリですが、普段寒中見舞いを出していない方であれば、出産報告はがきとして出しても良いと思いますよ。
女の子であればひな祭りや男の子であれば端午の節句にあわせて出産報告はがきでもいいのでは?

もし急がないのであれば、来年の年賀はがきで出産報告をするという風にしても良いと思いますよ。
今はメールやLINEなどで身近な人には報告しますよね。
親戚などには親からや、誰かしらから連絡が行くはずです。
なので必要な方には大概出産の連絡はされているのだと思います。
親戚以外やメールやLINEで連絡をしていない人には取り立てて報告を急ぐ必要は無いのでは?と思いますよ。

まとめると
喪中はがきは11月下旬から12月上旬に届くように

出産報告は年が明けてから
寒中はがきや、行事の時にあわせて
急がない場合は来年の年賀状で

こんな感じが良いのではないでしょうか。

さいごに

悲しいこととうれしいことがあるのが人生ですが、それがいっぺんにやってくると戸惑ってしまいますよね。
周りにもどう報告すれば良いか・・・
とにかく、必要な方に必要な報告が届くようにしましょうね。
読んでいただいてありがとうございます。

スポンサードリンク

 - 生活 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事